HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

ボランティア活動
〜 台湾大地震の募金について 〜

リュータンにて  私事を申し上げて、恐縮ですが、私の母は、台湾の北西部の出身です。台北には親戚も数多くいます。 被災者の救済のために、私の店のまえに、募金箱をおきました。 もし、よろしければ、義援金をお寄せ願います。台北駐在大阪経済文化弁事所に届ける予定です。みなさまのご協力をお願いいたします。


■ 平成11年9月23日 木曜日付 大阪新聞より

料理人 程一彦さん 店に募金箱設置

 「すぐに阪神大震災を思い出しました」。大阪・梅田で台湾料理「龍潭(リュータン)」を経営する程一彦さん(61)。 台湾大地震が起きた昨二十一日夕、大阪駅前第3ビル店とHEPファイブ店のそれぞれのレジに「台湾大震災義援金」と書いた募金箱を設置、 お客さんへの呼びかけを始めた。四年前、宝塚市の自宅で被災した経験から、「真っ先に必要なのはお金」と考えたからだ。

 「阪神大震災では水道が三ヵ月止まり、本当に苦しい日々が続きました。いま、台湾の人たちが同じように苦しんでいると思うと…。 できるだけ早い復興を祈るだけです」

 程さんの母親、かすみさん(81)は、店名の由来でもある台湾北西部の街、桃園県龍潭の出身。台北の西南に位置し、今回の震源地にも近い。 かすみさんは十二人兄弟姉妹の長女で、龍潭や台北には親せきが約九十人も住んでいる。

 「二十一日は早朝から必死で連絡を取りました。電話はまったく通じない。ファクスを送ると、龍潭にはすぐに通じたけど、台北にはなかなか。 何時間か過ぎて、ようやく全員の無事が確認できた」

 程さんの店では、震源地にごく近い南投県埔里(ほり)の工場で製造された紹興酒を提供している。 「一番おいしい紹興酒なんです。工場が被害を受けたかどうかはわかりません。十二月にまた工場を見学に行く予定なんですが、何とか無事でいてほしい」

 義援金については、ある程度の額が集まり次第、 台湾への救援物資提供の窓口となる台北駐大阪経済文化弁事所(大阪市西区)に届けるという。


詳しいお問い合わせはこちらまでどうぞ


目次 1.台湾大地震の募金について
2.ボランティアをしませんか
3.希望の家
4.日本レスキュー協会
 

| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |