HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

薬膳料理レシピ集
■ 豚肉の香りてんぷら ■
材料 材料(2人分)
豚薄切り肉 4〜5枚(約50g)
いわし 2〜3匹
ブロッコリー 1/5株
にんじん 2〜3cm長さ
かぼちゃ 15〜20g

こしょう
各少々
揚げ油
ごま油
適量
豚肉下味用調味料

薄口しょうゆ
こしょう
ごま油
各少々
いわし下味用調味料

こしょう
ごま油
各少々
てんぷらの衣(適量を用意)
薄力粉200g
片栗粉100g
250cc
1個

ベーキングパウダー
各小さじ1/3
花椒塩
大さじ3〜4
花椒(中国産の山椒)塩の量の2〜3倍
作り方 作り方
てんぷらの衣を作る。ボウルに水、卵、塩、ベーキングパウダーを入れ、混ぜ合わせる。
薄力粉と片栗粉を加え、粘りが出るまでかき混ぜる。冷蔵庫に5〜6時間ねかせるとまろやかになる。
花椒塩を作る。塩をすり鉢ですり、鍋でから入りする。花椒をすり鉢ですり、塩と混ぜて紙に広げ、冷ます。 瓶に移し、冷蔵庫で保存するとよい。また、いり塩とこしょうを混ぜてもよい。
揚げ油を150〜160度に熱し、野菜類にそれぞれ衣をつけ、ゆっくりと揚げる。
揚げ油の温度を165〜170度に熱し、豚肉といわしの汁けをきり、衣をつけて揚げる。 二度揚げするとカリッとする。
4と5を食べやすく切り、器に盛り、花椒塩を添える。

point ポイント

てんぷら衣は作り置きができ、冷蔵庫なら2〜3日間保存できます。

揚げ油の温度の見分け方は、てんぷら衣をはしの先につけ、熱した揚げ油に落とし、衣の浮き上がり具合で見分けます。 (詳しくはこちらをご覧ください) 浮き上がり方が早いほど高温で、遅いほど低温となります。


〜 基本の衣に変化をつけてレパートリーを増やしてみてはいかがでしょう 〜

■ ゴマ

基本の衣に、いりゴマ(黒)適量を加えて混ぜ、材料につけて同様に揚げる。白ゴマを使ってもよい。

■ ウーロン茶

ウーロン茶の出がらし適量をみじん切りにして乾燥させ、基本の衣に加えて混ぜ、同様に揚げる。

■ カレー粉

基本の衣カップ1/2にカレー粉大さじ1を加えて混ぜ、同様に揚げる。

戻る


| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |