HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

薬膳料理レシピ集
■ 水ギョウザ ■
材料 材料(2人分)
強力粉 80g
薄力粉 20g
少々
1/4カップ
ラ−ド
(またはサラダ油)
小さじ1/2
サラダ油 適量
強力粉
(打ち粉用)
適量
エビ 30g
カニ
(ゆでたもの)
30g
白菜 50g
干しシイタケ 4枚
干しエビ 大さじ1
小さじ1
小さじ1/3
しょうゆ
コショウ
ごま油
各少々
卵白 1/4個分
片栗粉 大さじ1/2

point ポイント

粉全体にまんべんなく水が混ざるように、水は2〜3回に分けて入れ、その度に箸でよく混ぜましょう。粉と水を混ぜたら、粉が充分に水分を吸うまでおくと、こねやすくなります。

こねはじめは、ちょっとかたいかなと思うかもしれませんが、大丈夫です。こねていくうちにだんだんまとまって、しっとりとやわらかくなってきます。ひとまとめにしてからは、外側から中心に練り込むようにしてこねるとよい。

くっつきやすいので打ち粉はしっかりふらなければいけませんが、粉の分量が増えるとおいしくなくなるので注意してください。

ジョウザをゆでる際、いっぺんに入れるとくっついてしまうので、ひとつずつ手で入れるとよい。皮が透き通ってきて、ぷっくりとふくらんでくればゆで上がり。ちょっと深めの器を用意して、ゆで湯ごと盛ればアツアツをいただけます。

作り方 作り方
ボウルに強力粉、薄力粉、塩を合わせてふるい入れ、分量の水を加えて箸で混ぜ、溶かしたラ−ドを加えてさらによく混ぜます。
粉と水分がまとまってくればかたく絞ったぬれぶきんをボウルにかけて、そのまま5分ほどおきます。
手に薄くサラダ油を塗り、2の生地をボウルの中でこね、ひとまとめにします。指先で外側から内側に向かって折りたたむようにこね、 表面がきめ細かくなれば丸くまとめてボウルに入れ、かたく絞ったぬれぶきんをかけて10分ほどおきます。
休ませた生地の表面をなめらかに整えながらまるめ、再びボウルに入れてかたく絞ったぬれぶきんをかけ、10分ほどおきます。
生地を休ませている間に具をつくります。ボウルにエビ(殻と背ワタを除き、1cm大に切ったもの)、酒、塩、しょうゆ、コショウ、ごま油を入れて箸で混ぜ、 白菜(みじん切りに)、シイタケ(ひたひたの水につけて戻し、石づきを取ってみじん切りに)、干しエビ(ひたひたの水につけて戻し、水気をきってみじん切りに)、卵白、カニ(ほぐして)、片栗粉を順に加え、よく混ぜます。
台の上に強力粉(打ち粉)をふり、4の生地をのせて直径3cmほどの棒状にし、8等分に切る。
6の生地をひとつずつ手で押さえて平らにします。めん棒で直径10cmほどの円形にのばし、くっつかないように1枚ずつ打ち粉をまぶしておきます。
皮で具を包みます。7の皮を手のひらにのせ、中央に5の具を小さじ1くらいのせます。半分に折って具を包み、ふちをしっかり押さえてとめます。 さらに左右から中央に向かってひだを作り、押さえます。
ギョウザは多めの熱湯でゆでます。ギョウザが浮いてくればびっくり水を加え、再び浮いてくれば器に盛りつけます。好みでしょうゆ、酢、マスタ−ド、ラ−油 などを混ぜ合わせたもの、またはポン酢しょうゆなどにつけていただきます。

戻る


| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |