HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

医食同源の極意
■ 酢 ■ 純米酢・レモン・すだち・ゆず・リンゴ酢・梅干しなど
酢の効用
 薬膳書によると「酢は体を温め、肝と胃経を助ける。尿や汗の出すぎ、ふる血、炎症、消毒、止血、産後の目まい、下痢、魚肉の毒などに有効」とあります。 料理の聖典『随園食卓』(袁牧著、清代・1792年)に「お客さんの胃が疲れたら酸味と甘味で覚醒させる」とあります。 このように、料理の最後に酢豚、肉ダンゴやコイの甘酢料理を出すのが薬膳です。 酢の成分クエン酸と酢酸は乳酸や内臓の脂肪を代謝するため、疲労回復、夏バテ予防に効果があります。 しかし薬効を過信して、酢を飲んで健康法と思うのは間違いです。刺激が強すぎて胃、腸、心の臓を傷つけてしまいます。 「すべてほどほどに食べる」が薬膳の基本です。 酢は生き物、暗くて涼しい冷蔵庫などで保管するのがベストです。原料名を見て、添加物のない良質の酢を、少量入りの容器でこまめに買いましょう。 ぜひ酢をもっと利用して、ストレス、胃潰瘍、ノイローゼ、アレルギー、動脈硬化などの予防に役立てましょう。

酢は米酢・果実酢
 酢は原料によって分かれます。例えば、米から作る米酢、酒かす、麦、コーンなどの穀物酢、欧州に多いワインビネガー、リンゴ酢などの果実酢......と、 世界各地に食酢があるので、料理に合った酢を選ぶのがポイントです。 米酢は加熱すると酸味がとび、果実酢(ワインビネガー、リンゴ酢など)は加熱に強いことが特徴です。 純米酢と果実酢を混ぜることにより、うまみのある「合わせ酢」ができます。

梅干しの効用
 梅干しのクエン酸は、特に強い殺菌力を持っています。 ご飯の腐敗、食あたり、下痢には効果があります。また、疲れのもとの乳酸を分解し、疲労回復にも効果があります。 さらに、梅のビルビン酸は肝機能を助け、悪酔い、二日酔いに効果があります。



お品書き 野菜類 豆製品 魚介類 肉類
穀類 果物 自然調味料 香味材料
みそ汁 ノンカロリー その他 食事のコツ


| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |