HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

月刊薬膳コラム
■ 程さんの月刊薬膳コラム10月号 ■
「“弁当の日”がやってきた」

行楽シーズンのお楽しみのひとつ、お弁当について、先月お話しをしたら、知人からとても素敵な本が贈られてきました。「“弁当の日”がやってきた」(竹下和男著・自然食通信社刊)。年に数度、子供たち自身が手作りのお弁当を持参しようという活動を先生方が提唱したのです。これが大変面白い。食育として、これ以上のものはないと言ってもいいような運動です。今回は、この本についてご紹介してみたいと思います。

「“弁当の日”がやってきた」(自然食通信社刊・定価1600円)は、サブタイトルが「小さな小学校の大きな食育実践記」とあります。お書きになったのは、四国は香川県綾南町立滝宮小学校の校長だった竹下和男先生。月に一度、子供たちが自ら作ったお弁当を持ち寄り、昼食を楽しもう…ひとことで言えば、それだけ。「親が決して手伝わず、子供が自分で献立を考え、材料を買いに行き、調理を行うこと」。この取り組みは、現在全国100を越える小中学校へ広がっています。

言うは易く行うは難し。この発想は父兄をはじめとして、大きな問題を引き起こしました。せっかく、給食という便利なシステムがあるのに、とか、結局、親が作らないといけないから負担が増えるとか、前例がない。火事やケガが心配、子供の家庭環境の差がでてしまう…などなど、実際に行うとなると猛反対が巻き起こったのです。

それらの難問をひとつひとつ丁寧に解決して実現させた、その粘り強い活動ぶりは、この本に詳しく記されています。食が子供たちの情操教育を育む大きなポイントだということを頭では理解していても、現実には、なにもできていないのが、これまでの小学校のあり方でした。それに異を唱え、懸命にみんなが努力した甲斐があって、この弁当の日は大きな成果をもたらします。

その成果は、以下の文章が物語っています。これは、先生方から弁当の日を二年間体験した卒業生へのメッセージです。

食事を作ることの大変さがわかり、家族をありがたく思った人は優しい人です。手順よくできた人は、給料をもらう仕事についたときにも、仕事の段取りのいい人です。食材がそろわなかったり、調理を失敗したときに献立の変更ができた人は、工夫できる人です。友達や家族の調理のようすを見て、ひとつでも技を盗めた人は、自ら学ぶ人です。かすかな味の違いに調味料や隠し味を見抜けた人は自分の感性を磨ける人です。旬の野菜や魚の、色彩、香り、触感、味わいを楽しめた人は心豊かな人です。一粒の米、一個の白菜、一本の大根の中にも「命」を感じた人は、思いやりのある人です。スーパーの棚に並んだ食材の値段や賞味期限や原材料や産地を確認できた人は賢い人です。食材が弁当に納まるまでの道のりに、たくさんの働く人を思い描いた人は想像力のある人です。自分の弁当をおいしいと感じ、うれしいと思った人は幸せな人生が送れる人です。シャケの切り身に、生きていた姿を想像して「ごめん」が言えた人は情け深い人です。登下校の道すがら、稲や野菜が育っていくのをうれしく感じた人は慈しむ心のある人です。「あるもので作る」「できたものを食べる」ことができた人はたくましい人です。「弁当の日」で仲間がふえた人、友達を見直した人は人とともに生きていける人です。調理をしながら、トレイやパックのゴミの多さに驚いた人は社会をよくしていける人です。中国野菜の値段の安さを不思議に思った人は世界をよくしていいける人です。自分が作った料理を喜んで食べる家族を見るのが好きな人は、人に好かれる人です。家族が弁当作りを手伝ってくれそうになるのを断れた人は、独り立ちしていく力のある人です。「いただきます」「ごちそうさま」が言えた人は感謝の気持ちを忘れない人です。家族揃って食事をすることを楽しいと感じた人は家族の愛に包まれた人です。

いかがですか?

この先生方の言葉に、子供たちがどんなに喜び、どんなにすばらしい体験をしたかが、はっきりと描かれています。ほんとうの食育とは、このことだと痛感しました。このコラムでも毎月のように、食の乱れが社会の乱れにつながっているとお話ししていますが、その一方で、食を通して、日本の未来に確かな道を築いていらっしゃる学校もあるのだと知ると、感激します。

ここに至るまでには、大変な道のりがあったと思いますが、たとえば、ひとりひとりの作った弁当に名前をつけてみようといった楽しい工夫を凝らして、その険しさを乗り越えてきたようです。

もっともっと、こうした試みが広がり、日本全国で食育の大切さが認められるようになれば、と願うばかりです。



ご意見・ご感想はこちら
前号まで


| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |