HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

月刊薬膳コラム
■ 程さんの月刊薬膳コラム3月号 ■
「大阪の農業」

 3月にテレビ大阪の特別番組で大阪の農業を取り上げます。いま、大都会の大阪の近郊では、どんな農業が営まれているのか?消費者の視点でもって探検していくという趣向です。放映は21日(13時より)。

タイトルは「大阪あぐり探検隊」〜なにわを食べて元気になろう〜。私と一緒に石田靖さんと西川かの子さん、それに一般のご家族が出演します。レンコン畑に春菊畑などなど、意外に知られていない、大阪の姿が見られますよ。ぜひ、ご覧ください。




 大阪の農業といわれて、まず、なにを想像しますか? 都会で暮らしていると、ほんとに細々と耕しているだけ。そんな風に思いがちかもしれませんが、実際には、懸命にがんばっています。

新しい動きもあります。 大阪では、米はもちろん野菜に限っても40種類近く栽培されています。今の時期なら、春菊、レンコンをはじめとして、ほうれん草、小松菜、大根などなど。

ふつうの料理に使われる食材なら、その大半を大阪産でまかなうことができるほど。まず、これが一般には知られていないかも。

中でも「エコ農作物」をテーマに、減農薬、減化学肥料で栽培し、卸売市場を介さずに、直接、消費者に届けるのが、いまどきの大阪の農業の方向です。たとえば、堺市界隈の畑では、そうした葉っぱものを中心に育てられています。

葉っぱもの、ことにいまが旬の春菊などは、ほんの少しの時間で葉がしなびてしまうので、遠距離を輸送することが難しく、できる限り消費地に近いところで栽培するのが、味も食感も栄養的にもいいわけです。

こんな具合に、地元で穫れたものを地元で消費する。これを「地産地消」と呼び、大都市近郊の農業の大きなポイントになっています。

 ほかにも、JA大阪泉州が直営する「Rizumie こーた り〜な(ファーマーズマーケット)」(泉佐野市松風台3-1・0724(58)0070)には契約農家が500軒あまり。泉南界隈でとれたての新鮮な野菜や生花を売っています。

毎日農家が収穫したものを自ら持ち込んで、自分自身で値段を付けて、それに名前も記入する。いわば、「顔の見える野菜」なのです。価格も市価に比べて2,3割安く、なかには半値のものも。

作り手の顔が見えて安全・安心、さらに鮮度が抜群で、値段も安いとなると、消費者にとってはありがたいお話。連日、来客は1000人を越える大盛況です。

すべての野菜などの商品はコンピュータで管理、生産した農家の人たちは、携帯電話で、その日の売れ行きを確認することができます。農業にITが持ち込まれているのです。なによりも、作り手と買い手の距離が近いので、農家のみなさんもやりがいがあります。これから、こうした優れたシステムは、どんどん広がっていくでしょう。

「医食同源」の基本は、新鮮な旬のものをおいしくいただいて、健康を育むこと。それには、なににもまして、こうした新しい農業が重要かもしれません。

 「医食同源」の基本は、新鮮な旬のものをおいしくいただいて、健康を育むこと。それには、なににもまして、こうした新しい農業が重要かもしれません。

こうした大阪の農業を取材した特別番組「大阪あぐり探検隊」〜なにわを食べて元気になろう〜も併せて是非ご覧ください。放映は3月21日祝日(13時より)です。



| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |