HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

月刊薬膳コラム
■ 程さんの月刊薬膳コラム2月号 ■
「今月は、みなさんからいただいたご質問のいくつかにお答えします」
 最近、この私のホームページに、さまざまなメールをよくいただきます。ページの感想もあれば、ご質問、また、本文の小さなミスのご指摘などなど。熱心にお読みいただいているのだなぁと痛感して、これからもさらに発展させねば、と大変励みにもなります。この場を借りまして、お礼申し上げます。



さて、今回は、それらのメールのご質問のいくつかに、お答えすることにします。
「まず、D.Tさんからいただきました」

Question
 おはようございます。いつも薬膳料理参考にさせて頂いております。ありがとうございます。初歩的な質問なのですが、教えて頂きたいのです。

鉄のフライパンで肉を焼き、最後にその上からトマトを入れて、ソースを作ってしまうんですが、よくないんでしょうか?後始末の時、フライパンがきれいになりすぎているので気持ちが悪いのですが、、。

やはり他の鍋に移し替えなくてはいけないのでしょうか よろしくお願いします。

Answer
 フライパンでお肉を焼くときに、そのままフライパンでソースを作るのがよいのか?というご質問。

これは大変、結構だと思います。肉からしみでたエキスが、ソースをおいしくしてくれますし、栄養を逃がさない。それになにより、鉄のフライパンがいいのです。

というのも、料理をしている際に、フライパンの鉄分がしみだして、人にとって重要な鉄分を補給してくれることになるから、です。医者の妹にいわせると、鉄のフライパンを愛用して、一年で貧血症がなおったというケースもあるそうです。
ぜひ、そのまま、愛用してくださいね。


続いては、私の本についてのお問い合わせです。
「T.Mさんからいただきました」

Question
 程さんの薬膳料理の本を買おうと本屋さんにとりよせをお願いしたら、出版社品切れで取り寄せ不可能との回答でした。この本の入手方法を教えてください

Answer
書店で品切れ、また、出版元でも品切れのときは、遠方の方でしたら、ファックスで、私の方に、ご注文いただけましたら、お送りいたします。
誠に恐縮ですが、その場合は送料をご負担願います。
ファックス番号は、072-757-5670 です。

また、私の店・大阪梅田・阪急HEP5の「リュウタン」にも、在庫があります。
もし、お近くでしたら、こちらにお寄りください。

店は、大阪市北区角田町5−17 HEPファイブ7F
程さんの台湾広場 リュータン内
TEL: 06-6366-3691  FAX: 06-6366-3692 です。
(店は不定休み、お越しになる場合は電話などでご確認ください)

こうして、古い本も、お読みいただけるのは、ほんとうにありがたいお話しです。
ありがとうございます。



「最後は、学生の方からです」

Question
 大阪の大学に通う学生です。健康という事に関心があり「医食同源」という言葉を検索すると、程さんのホームページが出てきたので読ませてもらいました。以前から自分で気になっていた事柄が書かれていたので知識を曖昧な状態から明確にできてよかったと思っています。

毎日牛乳一杯くらいでいいのでしょうか。
飲むヨーグルトとかでもいいのでしょうか。
食べるヨーグルトなら一日一個くらいでしょうか。

朝食を食べる事はほとんどありません。ですが食べなかったら病気の要因になったり、神経を鈍くしてしまうと書いてあったので怖くなってきました。


さっそく朝も水を飲むようにします。明日からちゃんと朝食をとるようにします。
どんな朝食がいいとかあるのでしょうか。

Answer
丁寧にホームページをお読みいただいて、うれしく思います。
さて、ご質問は二点。


まず、Q牛乳は一日にどれくらいが適量か?
牛乳にはさまざまな栄養素が入っていますが、なかでも、大切なのはカルシウム。
人の健康にはかかせませんね。牛乳一杯で200mgが入っていますが、人が一日に必要とする量は600mgといわれます。

食事からは、だいたい、200mgとれますから、残りの400mgを、補助してやるのがいいと思います。したがって、牛乳なら、一日に2杯くらいですね。
また、ヨーグルトも同様です。その場合は、ヨーグルトのパッケージに、カルシウム分が表示されていますので、これを目処に、召し上がってください。

さて、次は、朝食。
朝食をかかすのは、ほんとうによくありません。
ダイエットのために、わざと抜くなどというのは、健康の面からいえば、最低です。
本当は、和風、つまり、日本古来の朝食が一番いいと思います。

ご飯、おつけもの、味噌汁、それにおかずという平凡なメニューが、バランスがとれていて、いいのですが、朝からおかず、焼き魚などを用意するのは大変なので、最近は洋風を好まれる方が少なくありません。
その場合、パンとハムエッグまたベーコンエッグなどが普通ですね。
ぜひ、そこにサラダを添えてください。理想は、肉類の倍くらいの分量。

そこで、一案。
野菜は、簡単に、電子レンジなどで火を通すと、本来の甘みが出てきますし、また、食べやすくなりますね。それに、野菜は本来、おなかを冷やす働きがありますが、熱を通すと、それも解消されますから、一石三鳥ですよ。
ちょっと、ひと手間かけるだけで、ぐんとよくなります。
ぜひ、お試しください。


これからも、食と医にまつわる質問に、どしどし、お答えして行きたいと思います。
遠慮なく、メールでお寄せください。お待ちしております。
では、また、来月。ありがとうございました。



| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |