HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

月刊薬膳コラム
■ 程さんの月刊薬膳コラム12月号 ■
「小学校との交流で得た、さわやかな感動!」
 この秋、神戸市立横尾小学校の皆さんと、楽しい時間を3回もすごしました。事の始まりはPTAの講演に呼ばれた日のこと、帰ろうと廊下に出ると児童たちがノートを広げ、サインを求めて長蛇の列です。目を輝かせて口々にいうお礼が心に残りました。



 数日後、6年生の女の子2人から可愛い手紙が届き「私たちが育てたサツマ芋で芋パーティーをします。簡単なおいしい作り方を教えて下さい」とのこと。

さっそくレシピを送り、「日時の都合がつけば、調理指導に行きます」と言葉を添えると、都合よく日程が合いました。いよいよ当日の朝、6年生が3クラスに分かれて調理実習です。メニューは《サツマ芋のジュース煮》。
芋パーティ

「サツマ芋は皮をむきません。皮には胸やけしない薬膳効果と栄養価、甘味があります」と説明すると、児童たちは大きくうなずき、料理に興味を持ちはじめました。
「マナ板の下にぬれフキンを敷くと、マナ板が動かないから切るのが楽です」。見学しているお母さんがうなずきました。



包丁の切り方   「包丁は押さえつけても切れません。野菜と肉は前方に押すように切り、魚は手前に引いて切る。押し切り、引き切りが切り方の基本です」。

私が数秒間で芋のせん切りを実演し、練習を重ねると目を閉じても切れますと、プロの技を披露したら、大きな拍手です。

調理スタート、だれひとり、サボる子どもはありません。芋を煮込む20分の時間を利用して「煮込んでいる間に、レンジ台をきれいにしましょう。フキンをぬらして、ガスコンロ、煮ている鍋の外側とフタを拭くと汚れが取れます」。

すると「程さん、熱いから怖い」と、ひとりの生徒が発言、「箸を使うと大丈夫」と教えたら、たちまち調理台はピカピカです。料理は全員が完成!

「程さんアリガトウ」との言葉に、私は「アリガトウは間違いです。教えてもらった先生、年上の人にはアリガトウゴザイマス」と注意すると、大きな明るい声で「アリガトウゴザイマス」の返事です。  



 「1年生が今、音楽会の練習をしています。少しの間、のぞいてくれませんか」と校長先生のお誘いで講堂に行くと、60人の可愛い子どもの前に、椅子がひとつ。私の席です。

合唱と器楽演奏、10分ほどの短い時間ですが、感激して涙をこらえるのに困りました。子どもたちの「サヨウナラ」を受けて、学校を後にする私の足取りはルンルンです。
音楽会の練習

それから数日後、1年生と6年生から沢山の礼状とともに音楽会の招待状がきました。偶然にも音楽会と同じ日、隣の駅で須磨区歯科医師会主催の講師に呼ばれています。時間も大丈夫。何とラッキーなこと!天の配慮と感謝しました。

秋晴れの中、横尾小学校の生徒たちと3回目の熱い握手を交わしました。

子どもの非行や暴力事件が日常茶飯事の日本ですが、横尾小学校の子どもと接し、私たち大人がしっかりと指導し、あたたかい気持ちで注意し、言葉を交わすのが大切だと学びました。子どもは純白な心です。どのような色にも染まります。染めるのは家庭教育、父と母です。21世紀を築く子どもたちを、私たちが責任をもって育てましょう。




| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |