HOME
月刊薬膳コラム 医食同源の極意 薬膳料理レシピ集 薬膳実行度チェック 家庭料理教室
プロフィール スケジュール 舞台・音楽活動 ボランティア活動 低温殺菌牛乳普及会

 
月刊薬膳コラム
■ 程さんの月刊薬膳コラム11月号 ■
「超豪華な地中海の船旅」
今回は、私の念願だった「超豪華な地中海の船旅」の体験を。
究極の旅といわれるのにふさわしい、最高の食のサービス!そして、一番のヒミツは、、、、、?



客室450、乗客900人、クルー500人
船内を見てまわるだけで四、五日はかかる!



クリスタルシンフォニー号念願だった地中海クルージングに車椅子の母や友人たちと出かけました。14日間のリッチな“究極の旅”です。
5万トンのクリスタルシンフォニー号は三年連続六つ星に輝く世界のトップクラスの客船で、客室は450。乗客900人に対して、クルーが500人。ふたりにひとりのクルーがつく勘定になります。



設備は、大食堂とフランス、イタリア、中国料理のレストランの三つ。

大食堂 カフェテリアに、劇場がふたつ、映画館、カジノ、図書室、喫煙室、ピアノバー、ゴルフ練習場、テニスコート、アスレチックジム、、、、などなど。
劇場のショーと映画は日替わりで、毎晩生バンドのダンスパーティ、昼はゴルフ教室やコンピュータ学習会など、すべてを体験するのには、4、5日はかかります。

クルージングは最高の雰囲気 これだけの豪華な設備で、14日もすごすとなると、大変な費用がかかりそうですが、料金は約60万円からで、部屋のタイプによって異なります。単純に日割りで計算すると一日4万円強。
クルージングは最高の雰囲気とスタッフのサービス、食事とソフトドリンクは24時間すべて無料。

施設の利用ももちろんフリーですから、一流ホテルの宿泊料金、贅沢な朝昼晩の食事とアフタヌーンティー、24時間ルームサービスと部屋におかれる果物の盛り合わせなどの飲食代金と、有名な港をめぐる旅費を合算すると、納得できるお値段です。



財布を持たないと、心がなごむ



乗客に最高の気分を味会わせてくれるヒミツ 客は14日間、一切現金は要りません。

乗船時、クレジットカードを提出し、船旅の間にサインするアルコール類(免税でめちゃ安)や、船内でのショッピング、洗濯代金、郵便代とチップをまとめて下船時にサインするシステムです。

ゆったりとした気持 財布がいらない生活は気持ちをゆったりとさせてくれます。
プールで泳いで日光浴をしていると、好みの飲み物やケーキ、クッキー、軽食などが運ばれてきます。24時間どこでなにを飲食し、なにをしても船賃に含まれているので、心配無用。
ベニスからシチリー島、トルコ、ギリシャを巡った14日間、すべての乗客に最高の気分を味会わせてくれるヒミツは、、、、



フランス料理のメインダイニングとイタリア、中国のレストランふたつ、カフェテリアで消費する食材がすごいのです。



食材の数々
たった一日で、卵2300個、バター91キログラム、牛乳314リットル,砂糖54キログラム、アイスクリーム200リットル、ロールパン2500個、クロワッサンやマフィン、ブリオッシュなど1500個、サンドイッチ用のパン90斤、ドーナッツ100個、牛肉295キログラム、鶏肉385キログラム、豚肉172キログラム、羊肉68キログラム、魚介類340キログラム、野菜900キログラム、パスタ68キログラム、じゃがいも227キログラムなど。
計1500人の胃袋に入る数字を見ると、外国人の食の好みがよくわかります。



朝食は二種類、夕食は2部制 ルームサービスは24時間OKで、朝食は手軽なコンチネンタルとフルの二種類。 早朝6時から正午まで好みの時間帯が選べます。

夕食は6時と8時の二部制で、前菜四種類、スープが二、三種類、サラダも同じく、二、三種類、シャーベット、パスタ、メイン料理四種類、付け合わせ八種類、デザートは七、八種類、アイスクリーム、シャーベット、ヨーグルト類が六種類、チーズ、ソフトドリンク七種類です。



献立の特徴は減塩、低カロリーをリクエストできること。気に入った料理はお代わり自由。係りのウエイターに頼むと必ず「マイプレジャー」と笑顔で返事します。

地中海の空気 厨房スタッフ100人の頂点にいる総料理長ユーゲン・クロッカー氏は、オーストリア人で映画俳優のような味のあるルックスで、頭の切れも抜群。
私のオリジナル料理「鉄人炒飯」を公開デモしてから、料理人の仲間意識で急に親しくなり、クルーズの最終日、ランチブッフェに特別ステージで、二番シェフとともに500食の炒飯と、ピーマン肉炒めを調理したのは、私にとって最高の幸せでした。料理人冥利につきる思い出になりました。



やはり笑顔は万国共通究極の旅を味わえた本当の、一番の理由は、すべてのスタッフがいつも笑顔で客と接していること。言葉が通じなくても、笑顔で心はなごみます。
豪華なクルー ジングの陰にはスタッフの心遣いがあるのだと痛感しました。どんなときも「マイプレジャー」と笑顔。
やはり、人を喜ばせるのは、万国共通、笑顔につきると再確認した次第です。


戻る



| HOME | 月刊薬膳コラム | 医食同源の極意 | 薬膳料理レシピ集 | 薬膳実行度チェック | 家庭料理教室 |
| プロフィール | スケジュール | 舞台・音楽活動 | ボランティア活動 | 低温殺菌牛乳普及会 |